バリアフリーリフォームコスト

リフォームコスト バリアフリー

リフォシーは、障害をお持ちの方々や、ご病気でお体の不自由な方々の手助けとなるリフォームも喜んで承ります。 これまでの経験を活かし、お家の不自由な部分を理解したうえで、より良いご提案と見えない手助けをさせていただきます。
ご家族への、心の温かいリフォーム、大小にかかわらず、手すり1つからでもご相談に載らせていただきます。
介護住宅改修、障害者住宅改造費の助成金などもご相談ください。

階段手すり取付け
約3万~5万円

リフォシー京都施工事例バリアフリー 階段の壁に手すりを取り付ける場合の費用は目安3万~5万円程度の費用が掛かります。 取付ける下地がない場合、別途に補強費用が掛かる場合があります。

その他のバリアフリーリフォーム
費用は内容により異なります。

リフォシー京都施工事バリアフリー 当社は設計の際に「バリアフリー」の概念を取り入れています。事故や病気は突然訪れ、老いは全員にやってきます。

リフォーム・リノベーションを行う際、長い目で見て「バリアフリー」の要素を取り入れた住まいにしておかれると、 家族全員がずっと暮らしやすい家となることと思います。
「バリアフリー住宅」は、要介護の方だけでなく、すべての人にとって住みやすい家であると考えています。
具体的なご提案は、現在のお家やご家族構成をお伺いして、現場を拝見したのち、細かなお見積りとともにさせていだきます。

アイコン介護保険による住宅改修制度

介護保険の被保険者で、要介護認定や要支援認定を受けられている方は、住宅リフォームの補助金が支給されます。
リフォームをされる際は、このような制度をかしこくご利用ください。

対象者介護保険の被保険者で、要介護、要支援認定を受けた方は、どなたでも利用できます。
支援限度基準額住宅改修に要する費用(上限20万円)について、9割を支給されます。 (総額が20万円の場合、自己負担額は2万円です。)
対象となる主な住宅改修工事1.廊下や階段、浴室への手すり設置。
2.段差解消のためのスロープ設置。
3.滑り防止のための床材変更。
4.引き戸への扉の取り替え。
5.洋式便器等への便器の取り替えなどの改修。

上記の1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修。 対象となる住宅改修工事は介護改修の研修を受けている当社の増改築相談員へご相談下さい。

Othresリフォーム場所別で、参考コストをご紹介