2・3階建 確認申請、構造計算費用

新築や増築で、確認申請や構造計算が必要な場合、下記費用が掛かります。
確認申請業務や構造計算の経験豊富な当社スタッフが、施工面、バランスの強度を考えた構造設計プランを作成いたします。

2階建 木造確認申請 京都府内一円、滋賀県

確認申請業務 事前協議、構造計算含む2階建申請に伴う図面一式
150u以下 \180,000−(税込) 
景観規制地域、風致地区等含む場合 \210,000-(税込)

*その他 地区協定、計画道路等ございましたら、別途追加がございます。
*150u以上はお問い合わせ下さい。お見積致します。
*検査機構の手数料は別途必要となります。

構造計算ソフト
(財)日本住宅・木材技術センターの「木造建築物電算プログラム認定ソフト」

主な計算・検討項目

建築基準法
壁量計算、壁の配置(4分割法、偏心率)、4分割法、N値計算、接合部(筋かい・柱頭柱脚、通し柱・外周横架材)、床倍率、耐力壁線間距離、柱直下率、壁直下率、耐力壁直下率、隅角部耐力壁無しなど、構造の安全性を確認

3階建 木造確認申請、構造計算 京都府一円、滋賀県

確認申請業務 許容応力度構造計算含む3階建申請に伴う図面一式
150u以下 \350,000−(税込)
事前協議、景観規制地域、風致地区等含む場合 \380,000-(税込)

*その他 地区協定、計画道路等ございましたら、別途追加がございます。
*150u以上はお問い合わせ下さい。お見積致します。
*検査機構の手数料は別途必要となります。

許容応力度設計
構造計算ソフト 準拠基準
建築基準法・同施行例・告示など
住宅の品質確保の促進等に関する法律、施行例、施行規則及び告示
木造軸組工法住宅の許容応力度設計 2008年度版(財)日本住宅・木材技術センター
「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」に対応

木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)

許容応力度計算の検討内容

偏心率とねじれ補正係数の算定」では、構造計算によって偏心率が0.3以下であることを確認
「鉛直構面の許容耐力と剛性の算定」は標準計算法
「水平構面の許容耐力と剛性の算定」は標準計算法
「柱脚・柱頭の引張耐力の検討」は、N値計算法準拠(標準計算法)
又は、詳細計算法で検討
* 柱接合部の必要引張耐力を求め、引き抜き力範囲を指定した金物設定で、計算します。
* (金物選定計算時)
断面応力図・検定比図、鉛直構面の水平荷重時の応力図および検定比図など、
改正基準法の新様式に対応
「層間変形角の検討」では、計算ルート2での検討

主な計算・検討項目

令第46条による壁量計算(省略可)
地震力・風圧力の算定
鉛直(水平)構面の許容耐力と剛性の算定
偏心率とねじれ補正係数の検討
鉛直(水平)構面の負担水平力に対する検討
長期常時軸力、短期積雪時軸力、耐力壁の許容耐力時の軸力
柱の長期・短期荷重の検討、土台・梁のめり込み検討(任意)
梁、母屋、垂木、根太の検討(根太は任意)
柱脚柱頭の引張耐力の検討(N値計算法準拠(標準計算法)/ 詳細計算法)
横架材接合部の引張耐力の検討
べた基礎時:接地圧とスラブ筋の検定/布基礎時:接地圧に対するフーチングの幅と配筋の検定
転倒モーメントによる短期接地圧の検討(任意)
基礎梁の断面と配筋の検定
アンカーボルトと土台の検定(任意)
層間変形角と剛性率(任意)
屋根葺き材の検討(任意)

木造1〜3階建の許容応力度計算のみ費用

木造構造計算費

算定面積:1u当たり1,000円(税込)(税別 1,050円) 
【最低費用:105,000円(税込)(税別 100,000円)】作成を含みます。

構造図面作成

基礎伏図、伏図、軸図
算定面積が150u以下:63,000円(税込)(税別 60,000円)
算定面積が250u以下:84,000円(税込)(税別 80,000円)

安全証明書

21,000円(税込)(税別20,000円)

耐震診断 木造2階建 京都府内一円、滋賀県、大阪府

最新の耐震診断基準「木造住宅の耐震診断と補強方法」(日本建築防災協会発行)に準拠した一般診断法の耐震診断を行います。

建物調査、一般耐震診断書 一式
150u以下 \63,000−(税込)

木造住宅の耐震診断と補強方法

注意事項

* 算定面積は当社規定によりますが、延床面積に吹抜、バルコニー、小屋裏収納、ロフト、
  柱で囲まれたポーチ等の面積を加えた施工面積で計算。
* 図面確定後の図面、書類、構造変更は別途費用が掛かります。


リフォームサイドナビゲーション