耐震診断・耐震改修工事

当社は、リフォームのご提案に伴い、耐震計算に基づいたリフォームをご提案させて頂いております。
誤った補強をすることにより、お家の耐震構造の強度を下げることにもなり、また多くの費用が掛かります。
知識と経験のある耐震診断士が、適切な耐震計算で強度が向上する箇所を的確に判断し、費用を抑えて、強度を向上させております。

耐震診断・耐震改修費用の助成申請

また京都市、京都府、大阪府、滋賀県自治体が行う耐震診断・耐震改修費用の助成申請を多く活用してさせて頂いております。耐震診断士として登録をしておりますので、助成金を活用した耐震診断が行えます。

耐震診断

行っている耐震診断は、最新の耐震診断基準である2012年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」(一般財団法人 日本建築防災協会発行)の一般診断法、精密診断法1、精密診断法2(限界耐力計算・保有水平耐力計算)に準拠した耐震診断を行っております。

耐震診断

最新ソフトを使用し、信頼氏の高い耐震診断を

使用する耐震診断ソフトは、最新の耐震診断基準「木造住宅の耐震診断と補強方法(2012年改訂版)」に基づく耐震診断・補強設計が行える(一財)日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断プログラム評価」(P評価12-W)を取得していますので、信頼性の高い診断が行えます。

入力内容と診断結果をもとに、評点の向上する補強方法をアドバイス。評点の向上する箇所が項目・箇所を具体的に表示し、より効果的な耐震補強設計に基づいて改修をしております。また計算書ではわかりにくい部分を「絵で見る総合診断書」などでわかりやすくご説明させて頂いております。

そのほか耐震性能を見える化することにより、耐震性能診断結果をリアルな「3D振動アニメーション」次元CG画面にて「現状」と「補強計画」等2つのプランを同時に表示し振動アニメーションすることができます。そのため、補強の効果が一目瞭然で、わかりやすく説明させて頂いております。

絵で見る診断書
絵で見る診断書

講習受講証明書

下記、耐震に関わる登録番号、講習受講証明書です。
常に最新の技術の向上を目指しております。

  • ・ 京都市木造住宅派遣耐震診断士 登録番号26042号
  • ・ 京都府木造耐震診断士登録 登録番号 0052号
  • ・ 既存住宅現況検査技術者登録 登録証a@第02-14-00912号
  • ・ 京都府地震被災建築物応急危険度判定士 登録番号 第2385号
  • ・ 木造耐震診断資格者講習 証明書番号 第W1393号

リフォーム無料相談


リフォームサイドナビゲーション